page top
資料請求

建設図面の
デジタル化共有

最新図面を全員に共有し
業務効率化に貢献
BIM活用で建物を立体的に把握

情報管理効率化ソリューション
  • 建築現場での情報共有
  • 建設・点検業務の効率化
  • 点検ミス・労務コスト低減
  • 建設業務のペーパーレス化

サービス特長

建設現場で必要な図面・書類・画像・黒板などを全てクラウド管理し、スマートデバイスでいつでも閲覧可能。情報共有を効率化。

建設業の課題
現場でのこんな情報共有課題ありませんか?

IoT Service Support

01

企業間の情報共有が
遅延して
作業効率が上がらない

02

法律上管理の必要がある
対象書類が多くあり、
管理が煩雑化

03

建築書類の
関係者確認が
多くて煩雑

図面などの特殊ファイルもスムーズ共有可能なクラウドでご支援します。

サービス詳細・お問合せはこちら

利用シーン

最新図面もクラウドで簡単共有

あらかじめ登録した図面や書類はクラウドを通して一元管理。図面や書類はデジタル化されている為、現場に大量の図面を持ち運ぶ必要もなく担当者の負担を軽減。プロジェクトメンバーにも同じ画面が共有され、報告・確認が可能で打合せの時間と紙を削減可能。図面を更新した場合、関係者に自動でメールを送信するため、CheXを使用する度に常に最新の情報が格納されている状態に。「古い図面で共有してしまっていた」などの現場間での情報共有のタイムラグから起こるミスを防止。手戻りを省き現場効率を図れます。 クラウドを通して図面や書類などの情報が共有されるため、ネット環境さえあればタブレット端末からいつでもどこからでも書類の取り出しが可能。事前に資料をダウンロードしておけば地下などのネット環境が繋がりにくい場所でも作業が可能。

CheXで出来る事は下記の4つ
①図面や資料を見る
②図面や資料に書込む
③図面や資料を共有する
④図面や資料を出力する
4つの基本機能が軸となっているので、誰でも簡単に利用可能。
また、新しいBIM施工管理ツールでは、施工の最前線で、BIM 3Dモデルや部材のスペック情報が瞬時に閲覧できるだけでなく、進捗やメモを共有・管理可能。もちろん寸法や断面の閲覧も自由自在なので、工夫次第で活用できるシーンがどんどん広がります。※有償オプション

サービス特長

図面の高速表示

帳票形式出力

最新情報共有

高速表示


重たくなりがちな図面データを高速で表示。スクロール・拡大・縮小など操作速度も速く、ストレスなく閲覧・書込みが可能。また、左右に回転するため、見えずらい図面の文字や他者への説明時にも画面の縦横を変えてスムーズに説明。


帳票形式で出力可能


作成した様々なデータの出力が可能。画面上のメモ等の情報が統合された状態を、PDF形式のファイルとして出力可能。現場竣工時やクロージング時など、資料の保管・管理を行う際に有効。また、CheXに登録した写真データから、Excel形式の写真帳を自動で作成可能。

最新情報を関係者全員で共有


瞬時に各データの共有が可能。図面などの更新の共有だけでなく、作業者の各端末での同時作業(メモの記入など)も、自動的に統合し共有。上書きされることなく更新できます。また、画面の画像を添付してメールで共有することも可能。


通信は全て暗号化され
セキュリティも安心


SSL証明書を用いてインターネットを介する通信の全てに暗号化を施しています。暗号強度256bitにも対応。CheXで保存されたデータは単一拠点ではなく複数拠点に保存されるのでデータ堅牢性が高くBCP強化に最適。また、図面や書類の閲覧やメモ書きは、権限を与えられた利用者のみが行えます。設計や現場管理の関係者にはメモ書き込みの権限を、工事業者や協力会社には閲覧権限を、というように様々な設定が可能です。別のアプリケーションと組み合わせることでタブレットやスマートフォンの遠隔ロックが可能。万が一タブレットやスマートフォンを紛失したときにも大切な図面を守ることができます。

機能と課題への対応手法

様々なフォーマットのファイルを表示可能

下記のファイルに対応可能で、表示速度もスムーズでストレスなし。
CADファイル:DWG DXF Tfas Jw Rebro CADEWA
BIMファイル:ifc(※rebroから出力したifcのみ) revit
ドキュメント:Word Excel PowerPoint PDF TXT
画像・映像:JPEG PNG MP4※iOSのみ

図面上への書込み・写真撮影・
付箋貼り付けなどが可能

範囲や形状など文章では伝わりづらい事も手書きで入力が可能。傷や破損の具合などは図面上にピンをたて、撮影した写真やメモを共有することも。360°撮影機能も使えるので見えにくい場所の撮影が簡単に実行可能。また、電子黒板を写真内に表示させ、撮影も可能。繰り返し入力する提携の文字や記号をスタンプとして登録しておけば、作業効率も上がります。

複数名での記入・統合・共有が可能

複数名が同時にメモ等の記入を行っても、情報が上書きされることなく、自動的に統合し共有。また、メールで画面画像を添付して共有することも可能。

測定機器との連携

測定機器と無線で連携することで、測定値の自動取込みや、合否判定、帳票作成までも行うことが可能。
従来発生していた転記ミスや、それに伴う再測定などのヒューマンエラーを防止。
※機器はオプションとなり、別途ご用意が必要です

こんな利用方法で課題解決は如何でしょうか?

図面のデジタル化で
大量の資料の持ち運びなし

同時作業可能で
煩わしいやりとりも
複数人で意見を共有

BIM機能で
把握し辛かった部材の情報を
一目で把握

紙での資料共有をクラウドでデジタル化
図面の最新かも簡単に
効率的な業務をご支援します。

より詳細な機能やご利用方法はお気軽にお問合せ下さい。

見積依頼・お問合せ

よくある質問

CheXは公共工事での使用は可能ですか?

CheXは改ざん検知機能にて、国土交通省の電子納品にも対応しています。詳細はお問い合わせください。

クラウドセキュリティについて教えてください。

CheXはAWS(Amazon Web Service)上に構築されたサービスです。 世界基準のクラウドセキュリティを担保するとともに、アプリケーション側でも暗号化や不正アクセス対策を行っております。

1IDで利用できる範囲を教えてください。

CheXは1ID=1人という考え方となります。 利用できる端末に制限はありませんので、お一人1IDでPC・iPad・iPhoneからCheXをご利用いただけます。 ※複数名でのIDの共有は禁止しております。

利用できる期間を教えてください。

CheXは1ヶ月からご利用いただけます。 また使用する容量・IDはいつでも増減可能なため、必要なときに必要な規模でご利用いただけます。

外国人就労者にも使わせたいが言語切り替えできますか?

CheXでは日・英・中に対応しております。端末設定より言語切り替えを行っていただくことでご利用いただけます。

電波の届かない場所でも利用できますか?

はい。CheXは通信環境のない場所でもiPadのみで図面閲覧や編集操作が行えます。 通信環境整備のない現場や地下・高所など電波の届かない場所でもご利用可能です。 ※事前の図面ダウンロード、事後のサーバー保存時は通信環境が必要です。

契約から導入までの流れを教えて下さい。

■契約までの流れ
HPからの申込依頼→営業からご連絡→お打ち合わせ(要件整理)→御見積もり・ご提案(導入スケジュール含む)→ご契約手続き
■導入までの流れ
お客様のご環境・ご要望に合わせてサポートさせて頂きます。(説明会の実施・マニュアルのご提供など)

トラブル時(アカウントを忘れてしまった等)の対応を教えて下さい。

ご契約後、サポート窓口をご案内させて頂きますので、そちらにご連絡をお願い致します。

お客様のビジネスを支援する
クラウドサービスを幅広くラインナップ
お客様の業務課題解決を
サポートしています。

サービスラインナップ

サービス一覧はこちら

その他ソリューションも
是非ご確認ください。

page top